地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鴻巣の地域情報サイト「こうのす広場」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

鴻巣の地域情報サイト「こうのす広場」

市長フォトコラム(最新版)

彩の国きずなウォーク2018

 8月8日(水曜日)、彩の国100km実行委員会主催による「彩の国きずなウォーク2018」がクレアこうのすをスタートし、その途中、沿道から参加者の皆さんを激励しました。

 彩の国きずなウォークは小学生が地域の皆さんのサポートを受けながら4泊5日で100kmを歩くという事業で今回で12回目となります。

 子どもたちが助け合うことの大切さや困難に遭遇した時にも、くじけずに勇気を持って立ち向かうことができ、強く、たくましく成長することを目的として実施されています。

 参加した54人の小学生は、ゴールとなるエルミこうのすを目指して、熊谷市、滑川町、東松山市、吉見町等を巡る行程を頑張って歩いていますので、地域の皆さんにも、ぜひ励ましの言葉をかけていただきたいと思います。

54人の元気な子どもたち

54人の元気な子どもたち

ハイタッチで激励

ハイタッチで激励

沼田まつり

 8月3日(金曜日)、観光協会が友好交流協定を締結している群馬県沼田市の「沼田まつり」に参加し、沼田市長との懇談や祈願祭への参加、鴻巣市観光PR活動を行い交流を深めてきました。

 沼田まつりは、小松姫をはじめ様々な人形を飾った12基の優美華麗な「山車」や、女性だけで担ぐ「天狗みこし」の渡御が有名で、まつり期間の3日間に渡り沼田市街は威勢の良い掛け声と熱気に包まれます。

 本市と沼田市の交流は相互のイベント時にPRブースを出すなど交流を深めています。

 沼田市には老神温泉や吹割の滝、果樹園など観光スポットも多くありますので、ぜひ友好交流都市「沼田市」を訪れていただきたいと思います。

沼田市長と懇談

鴻巣市産の花で本市をPR

女性が担ぐ天狗みこし

市長5期目就任 初登庁

 8月1日(水曜日)、鴻巣市長として5期目の就任となり、初登庁いたしました。初当選時と変わることなく、市長としての使命と、その責任の重さに身が引き締まる思いです。

 これまでの4期16年を振り返りますと、平成17年10月の合併、そして、合併後の新たな鴻巣市の「各地域の均衡ある発展」と「速やかな一体性の確立」に向けて、全力で事業の推進を図ってきました。その結果、市民の皆さんの利便性は格段に向上し、子育て世代の転入者も増加しつつある等、確かな手ごたえ、成果が見えてきています。

 しかしながら、人口減少社会への対応は大きな課題であることから、これからも各種施策を展開し、魅力あるまちづくりを進めていきたいと考えています。

 そして、市民の皆さんに、「住んで良かった」「これからも住み続けたい」と思っていただける、「心も体も健やかで、安全・安心、暮らしやすさナンバー1のまち こうのす」をしっかりと創造していきます。

初登庁の様子

出迎えていただいた皆さんへあいさつ